第135回番組審議会要旨


  1. 開催年月日
    • 平成14年1月11日(金) 15:00〜16:00
  2. 出席委員
    • 向山委員長
    • 山田副委員長
    • 原田委員
    • 林 委員
    • 廣瀬委員
    • 林 委員
    • 中村委員
  3. 審議事項
    • 『新春スペシャル『J-POP FUTURE LINE 2002』元旦 11:00〜15:55
  4. 審議内容
    • 番組全体の印象について、各委員から元旦の新春スペシャル番組だけあって、「ゲストも豪華で、音楽情報も満載で,中味の濃い5時間番組であった」「交通情報や気象情報それに報道ニュースなどが随所に織り込まれていた」など番組の構成がバランスよくまとまっていた、と高い評価であった。
    • ディスクジョッキーの山本シュウさんについて「声がクリアーで大きく聴きやすい」「話題も豊富な上、言葉遣いも適切」であったとの評価が複数の委員からあった。
      その一方で、一部ゲストとのトークの中で、内輪話で盛り上がっていたのは残念だった、との指摘もあった。
    • 交通情報について、一部委員から「年末年始は交通情報をもう 少し頻繁に入れたほうが良いのでは」「雪のため一部区間でチェーン規制」と伝えるのではなく具体的にどこの区間が規制なのか伝えるべきでは」との意見や指摘があった。 これに対し局側から年末年始の期間は普段より回数を増やして情報を流したことを報告すると共に、今後も交通情報は気象情報やニュースなどと共に重要なコンテンツなので積極的に伝えていくこと、又どこの区間が規制されているか具体的にお伝えするように努めていきたいとお答えした。   
    • 当社への直接の指摘ではないが、ラジオのディスクジョッキーは中学・高校生世代への日本語の使い方に大きな影響を与えるのできちんとした日本語,美しくわかりやすい日本語を心がけて頂きたいとの注文をする委員もいた。

[ 番組審議会メニューへ | 閉じる ]

(C)Copyright FM-FUJI/JOCV-FM All right reserved